32歳女性です。人に会う機会の多い仕事をしているため、身だしなみには気を使っています。
都内のサロンに通うようになった20代前半から、オーガニックシャンプーを使い始めました。

おすすめのオーガニックシャンプーは、haru 黒髪スカルププロです。
リンスがいらないため、お風呂の時間がその分短くなりました。

肌荒れ改善や環境への配慮が最初のきっかけ

もともと口にするものへのこだわりがある家庭だったこともあり、肌に直接触れるスキンケアにも気を使うことは、自然な流れだったように思います。

肌荒れを起こしやすい肌質だったため、肌荒れ改善を追求する上で頭皮ケアも重要であることを学び、シャンプー選びも意識するようになりました。

ちょうど市場にもノンシリコン、ノンパラペンなどをうたうヘアケア商品が増えた頃で、一般的に家庭で使われているシャンプーに多くの添加物が使用されているということを知ったことも重なり、実際にオーガニックシャンプーを選ぶようになりました。

また、環境への配慮という面から、界面活性剤などが使用されていないものを選ぶこともポイントでした。

自分の頭皮に合い、改善できる成分って?

最初は、使用されている成分の何が良くて何が悪いのかが専門家ではないのでわからず、数あるシャンプーの中からどれを選べばいいのか悩みました。”オーガニック”と書かれていても、成分で測るとそうではないものなどもあり、自分ではなかなか選べませんでした。

また、単にオーガニックであるから選ぶというわけではなく、自分の頭皮状態に合うこと、またよりよくすることが目的でもあるので、その両方を叶えるものが必要でした。

インターネットで口コミを読んだり、雑誌などで紹介されているものなどを参考にしながら、少しずつ候補を絞り、トライアル用の少量タイプを購入しては自分との相性を確かめることを繰り返し、シャンプー選びをしていました。

市販のシャンプーでは改善しない癖っ毛に悩んだ

オーガニックを意識する以前は、どこのドラッグストアに行っても手に入るようなシャンプー、それもいろいろなメーカーのものを使用していました。選ぶポイントは香りと値段くらいで、新しい商品が出たらとりあえず試してみるということを繰り返していたと思います。

髪質をもっとよくしたいからと、シャンプー、コンディショナーに加えて、さらにトリートメントを続けたり、市販とはいえそれなりのお金をかけていました。それでも肌に合わないこともあり、激しい乾燥などに悩まされることもありました。

また、癖っ毛がコンプレックスだったため、定期的にストレートパーマをかけたり、ストレートアイロンで毎朝時間をかけて癖を伸ばしたりと、手のかかる髪質でした。

癖っ毛も落ち着き、生まれ変わった髪質

毛量が非常に多いので、ドライヤー後の髪の広がりがひどかったのですが、現在のシャンプーに変えてからはその悩みがだいぶ落ち着きました。しっとりかつふんわりとした仕上がりになるようになったのです。

天然由来の自然な香りが、洗っている最中も乾かした後にもふんわりと香り、癒しになります。

使用しているうちに少しずつ癖っ毛も気にならなくなってきて、友人からも「髪の毛きれいだね」とか、「髪の毛さらさらだね」などと、以前の私の髪質からは考えられないような嬉しい言葉をもらえるようになりました。

またシャンプーだけで済むことや、ストレートアイロンで伸ばしたりする必要がなくなったことが時短となり、忙しい日々の助けになっています。

頭皮と髪質に合ったシャンプーを見つけよう!

オーガニックシャンプー選びには、口コミが一番大切です。自分の頭皮や髪質の悩みにフィットするもので、口コミ評価の高いものを試すようにしています。

まずは自分の頭皮と髪質をチェック。そして口コミを頼りに、自分にフィットしたシャンプーを見つけてください。同じ悩みの人がきっとたくさんいます。

毎日のお風呂時間が楽しみになるような、髪にも心にもいいオーガニックシャンプーにきっと出会えます!